» 2014 » 12月のブログ記事

もちつき大会

| お知らせ |

12月16日(火)もちつき大会を行いました。

「ねずみのもちつき」のパネルシアターを見たり、実際に小さなきねとうすを使ってもちつきごっこを楽しみました。

DSC03237

「ぺったんこー!ぺったんこー!」とかけ声をかけながら張り切ってもちつきごっこを楽しんでいました。

DSC03246 DSC03253 DSC03282  DSC03306

いるか組さんは、実際にもちつきをしました。

DSC03315 - コピー - コピー

DSC03325 - コピー - コピー DSC03338 - コピー

自分たちでついたお餅の味は格別だったようです!!

「おいしいね!いっぱい噛んで食べようね!」と話が弾んでいました。

DSC03349 DSC03353 - コピー DSC03352 - コピーP1060798

楽しい雰囲気の中、笑顔でいっぱいのもちつき大会となりました。

 

消防車見学

| お知らせ |

12月12日(金)消防車見学がありました。

川添出張所の職員の方が来て下さり、避難訓練を行いました。

毎月の避難訓練が身に付き、防災頭巾をかぶって避難することもとても上手になりました。

消防士さんと一緒に記念撮影をしてもらいました。

DSC03154 DSC03152 DSC03147 DSC03145

消防士さんから消防車はどんな仕事をする車なのか等お話を聞くことができました。

DSC03156 DSC03179

実際に消防車に乗せてもらうこともできました。

DSC03196

子どもたちは、目の前で大きな消防車を見ることができ目を輝かせ嬉しそうな表情でした。

また、職員を対象に水消火器を使っての消火訓練も行いました。

DSC03234 DSC03236

毎年の訓練の積み重ねで、いざという時の知識や技術を身に付けることができると感じております。

生活発表会

| お知らせ |

12月7日(日)仏生山公園体育館で、生活発表会を行いました。

3歳児ぱんだぐみ、4歳児ぞうぐみ、5歳児いるかぐみの子どもたちが参加しました。

♪うた「すうじのうた」「ゆげのあさ」

♪うた「やまびこごっこ」「きたかぜこぞうのかんたろう」

DSC02959

 

音楽教室の成果です。3歳児ぱんだぐみ 鍵盤ハーモニカ演奏「ひげじいさん」

DSC02970

英会話教室の成果です。4歳児ぞうぐみ、5歳児いるかぐみ「レッツトライイングリッシュ」

DSC02981 DSC03002

毎日の生活の成果です。劇あそび 3歳児ぱんだぐみ

DSC03007 DSC03018

4歳児ぞうぐみ  食育と運動あそびです。

DSC03027 DSC03035

5歳児いるかぐみ

「100かいだてのいえ」の絵本をもとに創作劇をしました。

DSC03043 DSC03049

 

ぞうぐみ リズムあそび「竹太鼓」

DSC03074 DSC03076

 

5歳児「ザ・太鼓」

DSC03081 DSC03077

今年度、4歳児・5歳児の担任は、県外でプロの太鼓の講師による研修を受けてきました。

 

 

エンディング「みんなみんな☀はれマーク」

子どもたちが会場の中に入り、たくさんの保護者の方とハイタッチをして、喜びを分かち合いました。

DSC03085 DSC03086

 

張り切って参加し、堂々とした子どもたちの姿が見られました。

終わった後には、達成感や満足感のある表情の子どもたちでした。

普段の生活の中でできるようになったことや大好きなことを力いっぱい表現でき、とても成長を感じられる生活発表会となりました。今回の生活発表会は、目に見える形で子どもたちの成長をご覧になっていただけたと思います。保育園で過ごす中で、けんかをしたり、仲直りをしたり、何かを一緒に発見したり、泣いているお友だちがいると、「どうしたの?」と声をかけたり、自然に触れ感激したり、目に見えない成長もたくさんあります。これからも喜びも悲しみも共に分かち合いながら子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

寒い中ご家族でご参加いただきありがとうございました。

 

おまけ

DSC02955 DSC02956

寒さをしのぐために、会場の保護者の方と一緒に「YMCA」を踊り、暖をとりました。

 

子育て講演会

| お知らせ |

12月6日(土)に、子育て講演会を行いました。

講師の先生は、聖路加国際病院 小児科医師 細谷 亮太先生です。

テレビやラジオでもご出演されたことのある先生です。

テーマは「いつもいいことさがし」です。

DSC02925 DSC02929

治療の際には、何のために何をしているのかを説明することで、子どもたちも怖くなるというお話や、鼻水のかみ方についてなどのお話がありました。

また、細谷先生の作品の絵本「はなみずじゅるじゅる せきごほごほ」「ゲーゲーピーピーおなかのびょうき」「まいにちからだはあたらしい!」の絵本を3冊読んでいただきました。昨年同様「わすれられないおくりもの」も紹介していただきました。

病院の現場でのビデオを見せていただき、病院で入院している子どもと怪我で入院している子どもとの思いやりのある会話や姿を見せていただきました。その姿に私たち大人は、涙が流れ、これまで以上に命の愛しさを感じました。

 

午後からは、職員研修行いました。

DSC02930 DSC02934

 

子どもとのかかわりの中で、嘘をつかないこと、子どもに分かるように話をすること、子どもに話をしたときに、その子どもはどのようになるのか、成りゆきをイメージして話をするということを学びました。

 

大変なことがあっても、いつもいいことをさがすことで、充実した保育ができるようにしていきたいです。

 

職員研修

| お知らせ |

11月16日(日)職員研修を行いました。

講師は、就実大学大学院人文科学研究科 初等教育学専攻教授 村中由紀子先生です。

DSC02871 DSC02878

臨床発達心理士という専門の先生に、保育の中で悩んでいることや疑問に思うことなどについて、助言をいただきました。

子どもたちにとって、より良い環境で保育を行っていきたいと思っております。

 

林小学校との交流

| お知らせ |

11月18日(火)にいるか組の子どもたちが、林小学校に行きました。

CIMG3662

 

一年生と一緒に、秋の実を使って迷路やけん玉、こまなどで遊びました。

おうちから拾ってきた秋の実を持参し、とても嬉しそうな子どもたちでした。

CIMG3666 CIMG3690

 

 

ふれあいあそびなど、小学生との交流を楽しみました。

もうすぐ小学生になることをとても心待ちにしている様子の子どもたちでした。