» 2014 » 8月のブログ記事

第8回職員研修

| お知らせ |

8月16日(土)に26年度第8回職員研修を行いました。

午前の部の講師の先生は、西条中央病院小児科部長 大藤 佳子先生です。

テーマは「ペアレントトレーニング」です。DSC01781 DSC01782

子どもたちとかかわる時に、ほめる・感謝する・微笑むなどの肯定的な注目を与えることが大切だということを学びました。子どもたちが前向きに過ごすことができるよう日々のかかわりを大切にしていきたいと思っております。

午後の部の講師の先生は、就実大学大学院人文科学研究科初等教育学専攻教授 臨床発達心理士 村中 由紀子先生です。

テーマは「子どもと保護者の発達支援~保育者としての資質向上を目指す~」です。

DSC01784 DSC01785

子どもが本当に必要とし求めていることを考え、一つひとつの場面でのかかわりを大切にしていきたいと改めて実感しました。

交通安全教室

| お知らせ |

8月1日(金)に交通安全教室を行いました。

高松市役所地域政策課交通安全対策室の交通指導員さんが来てくれました。

P1030567 P1030569

「と、ま、と」のお約束を教えてもらいました。

P1040924

最後に、「がっちゃんのだいぼうけん」の紙芝居を見ました。

P1040922

交通ルールを守る大切さを子どもたちにも知らせていきたいと思っております。

子育て講演会

| お知らせ |

8月3日(日)に子育て講演会を行いました。

講師の先生は、香川大学医学部附属病院アレルギー専門小児科医 西庄 佐恵先生です。

テーマは「食物アレルギー~除去食の考え方とその対応~」です。

CIMG2802 CIMG2807

参加された保護者の方からは、

「処方通り薬を塗るということの大切さを知った」

「食物アレルギーは成長の過程としてとらえて、不要な除去がないのか見直しをしていくことが大切だということを知った」

という感想が聞かれていました。

第7回職員研修

| お知らせ |

7月27日(日)に26年度第7回職員研修を行いました。

午前の部の講師の先生は、相模女子大学栄養科学部健康栄養学科 堤 ちはる先生です。

テーマは「乳幼児の食生活と栄養ケア、マネジメント」です。

DSC01579DSC01573

一人ひとりの子どもにとって今何が一番大切なのかを考えながら食事の時間を過ごすことができるよう保育していきたいと感じました。

午後の部の講師の先生は日本子ども家庭総合研究所 子ども家庭福祉研究部局長 山本 恒雄先生です。

テーマは「子どもの虐待の現状と食の支援」です。

DSC01592 DSC01591

地域全体で子どもを見守っていくということが大切だということを改めて実感しました。

クッキング

| お知らせ |

7月22日(火)にいるかぐみがクッキングを行いました。

今回はピザ作りです。いるかぐみがげんき畑で育てた夏野菜を使ってのクッキングです。DSC02351 DSC02335

自分たちで作ったピザの味は格別だったようです!!

DSC02363 DSC02364